Cybersecurity(限りなきサイバーセキュリティ)」が、新たなビジネス基準に移行する組織を守ります

各企業、団体、政府機関には、新たな「ビジネス基準」が到来しています。新たなビジネス環境では、全従業員がモバイルかつリモート環境下となり、各スタッフの安全性が低下することになります。

このように突然生じる環境の変化は、将来的なテクノロジー、コミュニケーション、ネットワーキング、サイバーセキュリティなどの計画の策定を加速させます。

いまや「場所や時間にとらわれないビジネス」の時代が到来しており、ITとビジネスの形態は無限に変化し続けています。アプリケーションやデバイスの急増、クラウドの普及、ボーダレス組織、あらゆる場所に存在するセンサー機能など、幅広く拡大し分散したITの現実により、ビジネスの現場がこれまでにないほどの膨大なリスクにさらされています。

こうして複雑化した影響力がリスクを大幅に増大させ、従来のセキュリティコストを引き上げ、さらには熟練したスタッフを不足させており、その状況は深刻化しています。こうした状況下では、限られた予算とスタッフ人員では対応に限界が生じており、従来型のセキュリティアプローチでは克服することができない「サイバーセキュリティビジネスにおけるギャップ」が広がりつつあります。

そうしたなか、企業において従業員のほぼ全員がリモート環境にあり、オープンかつアクセス可能であり、漏洩は避けられず、従来のソリューションでは対応できない状況下で、厳しい監視によってプレッシャーが高まるようになると、どのようにして組織内での業務における健全性を守ればよいのでしょうか。

そこで、今後必要とされるのは、新しいBoundlessCybersecurityモデルに移行すること。これにより、新しいビジネス基準に向けた組織が編成され、あらゆる既存の制約が解消されるでしょう。この新しいビジネスモデルにより、制約の多い従来型の戦略から最新の積極的で際限のないビジネス形態に移行していくのです。

Boundless Cybersecurityとは?

新しいグローバル環境や著しく変化する市場のダイナミクスにより、Boundless Cybersecurityの必要性が高まっています。このセキュリティシステムは、リモート、モバイル、クラウド対応ユーザによる「無限に広がる」従業員を含めた組織全体に対するサイバー攻撃を積極的に抑制します。Boundless Cybersecurityは、次の3つの原則に基づいています。

  • 未知のことを知るSonicWall の技術革新、例えば Capture Advanced Threat Protection (ATP) クラウドベースのサンドボックスサービス、特許出願中の Real-Time Deep Memory InspectionTM (RTDMI)、機械学習、重大なサイバー脅威情報などにより、最前線の捉えがたい脅威を検出します。
  • 場所の関わらずすべてをチェックする。もはや管理セクションは不要。エンドツーエンドのセキュリティに必要となるテクノロジー、サービス、ソリューションを一体化した可視性と制御環境を実現します。(Capture Security Center など)
  • 運用管理コストを抑えるSonicWall では、企業、SMB、組織体、政府機関などを経費的に効率よくサイバー攻撃から守るために、実に画期的で拡張性のある経済的方法を確立しました。

SonicWallのBoundlessCybersecurityを採用すれば、企業エグゼクティブ、政策立案者、行政管理者は、現在拡大しているサイバーセキュリティビジネスのギャップを解消し、無制限に広がる脅威のリスク増大を抑えるとともに、従来型セキュリティによるコストや人材リソースを削減することが可能となります。

This post is also available in: 英語 ポルトガル語(ブラジル) フランス語 ドイツ語 韓国語 スペイン語 簡体中国語

Geoff Blaine on Twitter
Geoff Blaine
Vice President of Marketing | SonicWall
A 14-year veteran of the security space, Geoff serves as SonicWall’s Vice President of Marketing. He brings a blend of real-world journalism experience, cybersecurity perspective and mainstream tech interest.
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply