拡張されたエンドポイントの可視性と制御により、在宅勤務者を保護する

現在進行中のパンデミックが、私たちに教えてくれることが1つあるとすれば、在宅勤務が新しい常識になる可能性があるということです。しかし、ITエグゼクティブはこれに慎重に対処する必要があります。なぜなら、企業の境界を拡張することにより、新しいリスクが発生し、標準的な保護のコントロールの価値が損なわれる傾向があるからです。継続性とセキュリティを確保するためには、組織が、無数の高度な脅威にさらされることなく、従業員がリモートで操作できるようにする必要があります。二つの相反する要件は実現できるのでしょうか?

組織がこれらの課題を乗り越えるのにあたり、SonicWall Capture Client 3.0エンドポイントソリューションは、どう支援できるかを確認してみましょう。

コンテンツフィルタリングを用いて、攻撃対象領域を削減する

ほとんどのマルウェアの脅威は、Webサイトまたは電子メールのリンクを通じて加えられます。この攻撃手段は、詐欺サイトかもしれないし、本物のウェブサイトである可能性もあります。これまで、Capture Client 2.0では、エンドポイントは既知の悪意のあるサイトからである場合のみブロックされました。

Capture Client 3.0は、包括的なクライアントベースのコンテンツフィルタリングサービスを備えています。HTTPとHTTPSの両方のトラフィック、許可およびブロックするカテゴリのきめ細かなポリシー、信頼できるアプリケーションの除外、および信頼できないアプリケーションのブラックリストを検査することにより、管理者はネットワークベースのコンテンツフィルタリングサービスをリモートユーザーに簡単に拡張できます。

アプリケーションの脆弱性インテリジェンスによりリスクを最小化する

多くの場合、在宅勤務では、SlackやZoomなどのさまざまな生産性アプリケーションやコラボレーションアプリケーションを利用します。多くの場合、従業員は別のツールを探しに行きます。別のツールとは、企業によって管理されていないツール、ということです。これらのいずれの場合でも、攻撃者は常に、エンドポイントで実行されているアプリケーションの脆弱なバージョンを探します。そして、パッチ、まあ…パッチは常に動くターゲットですよね?

アプリケーションの脆弱性インテリジェンスにより、Capture Clientはアプリケーションおよびアプリケーション上で発見された脆弱性をリアルタイムで可視化します。管理者は、パッチを適用するアプリケーションに優先順位を付けることができ、許可されていないアプリケーションが起動したプロセスをブラックリストに登録することもできます。

きめ細かいポリシー割り当てのためにActive Directoryプロパティを活用-どこでも

在宅勤務のもう1つの側面は、クラウドサービス(O365やAzure Active Directory (AD) など)の爆発的な採用です。企業は多くの場合、ユーザーとデバイスに関連付けられたADプロパティに基づいて詳細なポリシーを適用します(例えば、マーケティングユーザーはソーシャルネットワーキングにアクセスでき、IT管理者は高度なツールにアクセスできます)。Capture Clientは、グループメンバーシップなど、これらのプロパティに基づき、きめ細かなポリシー割り当てもサポートするようになり、ディレクトリがオンプレミスでホストされているかクラウドでホストされているかは関係ありません。

Linuxサポートにより、サーバー保護を拡張する

クラウドへの移行すると、Linuxベースのワークロードの使用量の増加も伴い、これをマルウェアの脅威から保護する必要があります。Capture Client 3.0は、SentinelOne Linuxエージェントのサポートも導入し、次世代のウイルス対策機能をLinuxサーバーに拡張します。

ツールを使用することにより、業務時間が楽になる

さらに、Capture Client 3.0では、次のような点において使いやすさが強化されました。

  • 新しい通知センターにより、未解決のアラートを確認できます
  • カスタマイズ可能な警告設定により、優先度を設定できます
  • ダッシュボードが改善・拡張され、アクション可能なインテリジェンスを搭載
  • MSSP用の簡易マルチテナントダッシュボード
  • より多くのエンドユーザーによる通知。これには、エンドポイントがネットワークから切断された際の通知を含みます。

Capture Client 3.0を使用すると、企業は、安心して在宅勤務施設を従業員に拡張できます。軽量で統一されたクライアント内では、可視性が向上し、これによって攻撃対象が減少するので、リモートエンドポイントへの標準保護が拡張されます。

This post is also available in: 英語 ポルトガル語(ブラジル) フランス語 ドイツ語 韓国語 スペイン語 簡体中国語

Suroop Chandran
Senior Product Manager | SonicWall
Suroop leads product management for the SonicWall Capture Client and SonicWall Web Application Firewall products and is the subject matter expert on reporting, alerting and dashboarding for the SonicWall Capture Security Center. With over 12 years of cybersecurity experience, Suroop has played multiple roles from being a security analyst in a SOC to building SOCs for Fortune 500 companies, to helping regional and global MSSPs develop their own SOC services.
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply