SonicWall Capture Cloud Platform – 8つの新たな方法で企業を保護

世界中のお客様を守り、制御能力を高めて可能性を最大限に生かせるようサポートするSonicWall Capture Cloud Platform。2年前にはこれは当社の野心的な未来の象徴であり、1つのビジョンにすぎませんでした。

それがついに現実のものとなった今、同プラットフォームは、新たな分野への対応とますます充実した機能で、さらなる進化を遂げています。今回の発売にあたっては、エンドユーザーや社内の事業責任者、パートナーからの貴重なフィードバックを活用し、以下の5つのポイントに主眼が置かれました。

  • 組織で使用されるOffice 365やG Suiteなどのビジネスクラウドアプリケーションをより効果的に保護できるようサポートする
  • さまざまな事業組織、中小企業、政府機関向けに、もっとコストパフォーマンスのよいネットワークセキュリティオプションを提供する
  • より高度なエンドポイント保護機能を実現し、システム管理者の制御能力を向上させる
  • ワイヤレス技術を生かし、セキュリティおよび管理、可視性の確保、プランニングを効率化する
  • ワイヤレスセキュリティ、モバイルアプリによる拡張、メッシュネットワーキング、ゼロタッチデプロイなどの機能を簡便化する

そして本日、ネットワークやクラウドアプリケーション、エンドポイントとそれぞれの全データをより効果的に保護できるよう、新たなソリューションを発表いたしました。当社のこの取り組みを支えるべくCapture Cloud Platformに加わった、8つの新製品または強化ソリューションです。

  • Cloud App Security 2.0 — Office 365およびG Suiteを対象とするCloud App Securityは、標的型フィッシング攻撃やゼロデイ攻撃、スパムメール(ビジネスメール詐欺(BEC)やアカウント乗っ取り(ATO)など)を阻止する高度な脅威対策を提供します。また、Office 365やG Suite、Dropboxなどのクラウドソリューション上に保存された悪意のあるPDFやMicrosoft Officeファイルを特定し、その影響を緩和します。
  • SonicWall SOHO 250およびTZ350ファイアウォールこの新しい2つの次世代ファイアウォール(NGFW)は、総所有コスト(TCO)を低く抑えながら、セキュリティとネットワーキング、パフォーマンスを同時にカバーします。セキュアなSD-WAN、自動プロビジョンVPN、ゼロタッチデプロイなど、統合された各種機能を通じ、皆様のコスト削減や時間の節約をサポートします。
  • SonicWall WiFi Cloud Manager — 拡張可能な集中型WiFiネットワーク管理システム。単一のコンソールを介して、ネットワークの規模や場所を問わずその全域で、ワイヤレスアクセスおよび制御、トラブルシューティング機能を簡便化します。また、SonicWallでは、iOSおよびAndroid向けのSonicWiFiモバイルアプリもご用意しており、ネットワーク監視や、ワイヤレスアクセスポイントの簡便な登録、ワイヤレスメッシュネットワークのセットアップにお役立ていただけます。
  • SonicWall WiFi Planner — SonicWall WiFi Plannerは、直感的で使いやすいWi-Fiサーベイツール。セキュアなワイヤレスネットワークの設計と実装をサポートし、使い勝手が向上、労働生産性の確保に貢献します。これを活用することで、オフィススペースの大小や間取り、建材、電力要件、信号強度、チャネル幅、無線帯域などの違いを考慮し、Wi-Fiの有効範囲について賢明な判断を下すことができます。
  • SonicWall SonicWave 200シリーズのワイヤレスアクセスポイントギガビットパフォーマンスを実現し、11ac Wave 2ワイヤレステクノロジーの対応範囲と信頼性を提供。これによりワイヤレスの利便性を高め、セキュアかつ非常に安価なソリューションにまとめました。ファイアウォールが実装されていなくても、Content Filtering Service(CFS)Capture Advanced Threat Protection(ATP)サンドボックスサービスなどの高度なセキュリティサービスを、SonicWaveアクセスポイントから直接有効化できます。
  • Capture Client 2.0 — 高度なエンドポイント検知・対応(EDR)機能を備えた最新バージョンのSonicWall Capture Client。管理者はこれを活用して攻撃元と標的を追跡し、必要に応じて攻撃を止め、または隔離を行い、感染が確認された場合はエンドポイントを元の正常な状態にロールバックできます。
  • Email Security 10.0 — さらなる機能強化を遂げたセキュアな電子メールソリューション。添付ファイルのサンドボックス検査や、URLをクリック時に分析するTime-of-Clickプロテクションなどの多層防御を提供し、標的型フィッシング攻撃やランサムウェア、ビジネスメール詐欺(BEC)、スパムメールなどの高度な脅威に対抗します。
  • SonicOS 6.5.4 — 当社の強力なオペレーティングシステムの最新バージョン。新しいSonicWallハードウェアプラットフォームをサポートし、認証やネットワークセキュリティ、ワイヤレスなどの機能を大幅に改良しています。たとえば、全プラットフォームにおけるDPI-SSL接続数を増やしたり、政府組織において求められる包括的なログやレポートを作成することも可能です。

各新製品や機能強化の詳細については、プレスリリースをお読みいただくか、SonicWallセキュリティ専門家にお問い合わせください。また、当ブログでも今週中に当社のセキュリティ専門家が記事を投稿し、主な製品アップデートについて個別に掘り下げますので、ぜひご覧ください。

安心して事業拡大に専心。お客様がそれを実現できるよう、SonicWallがお手伝いします。

This post is also available in: 英語 ポルトガル語(ブラジル) フランス語 ドイツ語 韓国語 スペイン語 簡体中国語

Bill Conner on Twitter
Bill Conner
President and CEO of SonicWall | SonicWall
Bill Conner is among the most experienced security, data and infrastructure executives worldwide, with a career spanning over 30 years across numerous high-tech industries. A corporate turn-around expert, today he is the President and CEO of SonicWall, one of the world’s most trusted network security companies, acquired as a carve out from Dell by Francisco Partners and Elliott Management in November of 2016. SonicWall next-generation firewalls and network security solutions protect more than 1 million networks worldwide, for more than 500,000 organizations in more than 150 countries. In the less than one year under Conner’s leadership, SonicWall surpassed the ambitious financial and operational metrics set across the business, delivering record partner registrations (over 15,000 partners / 4,000 net new), strong pipeline growth (over $250M in new partner deal registrations), key service improvements (80% reduction in wait times), the release of a new global marketing campaign, and record new product releases.
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply