サイバー犯罪者の思考を探る:SonicWall、新たなサイバー攻撃に関するデータや脅威アクターの動作を最新レポートで解明

サイバー犯罪者や脅威アクターにとって、最先端のデジタル領域は標的や攻撃機会にあふれた無法地帯です。政府機関や法執行機関、監視グループの取り組みも虚しく、現代のサイバー脅威はかつてないほど機敏で、検知を巧妙に回避します。

こういった背景から、SonicWall Capture Labsの脅威研究者たちは、グローバルなサイバー軍拡競争に先手を打つべく、実用的な脅威インテリジェンスで組織やエンタープライズ、政府、企業の防御力を強化しようと絶え間なく取り組んでいます。

この取り組みの一環として、2020年SonicWallサイバー脅威レポートでは、サイバー犯罪者の思考を探り、次なる攻撃に備えするうえで役立つ脅威インテリジェンスを提供しています。

世界的なマルウェアの蔓延は減少するが、標的がより明確に

過去5年間、サイバー犯罪者は膨大な数の攻撃を組織に仕掛けてきました。しかし、サイバー防衛の進化に伴い、攻撃数が増加してもダメージを抑えることが可能となりました。

そこで2018年、サイバー犯罪者は「より脆弱な」標的に対し、さらに回避的で的を絞った攻撃を開始しました。2019年には全世界のマルウェア件数は減少しましたが、医療業界や地方自治体など、そのターゲットがより明確となり、成功率も上昇しています。

SonicWall Capture Labsは2019年、前年比で6%減少となる99億件のマルウェア攻撃*を記録しました。

地方自治体を狙ったランサムウェア

「運任せで攻撃」する手法はもう通用しません。サイバー攻撃者は、所有している機密データや資金(またはその両方)を奪い、その引き換えに金銭を支払う可能性がある被害者を巧妙に狙うランサムウェアという手法を使用します。今は「大物狩り」が主流なのです。

本レポートでは、2019年に発生した最も悪質なランサムウェア攻撃の概要に加え、Cerber、GandCrab、HiddenTearなどのランサムウェアファミリーやシグネチャの進化の実態についても解説しています。

第3四半期にはファイルレスマルウェアが急増

ファイルレスマルウェアは、メモリベースのアーティファクト(RAMなど)にのみ存在する悪意のあるソフトウェアの一種で、コンピュータのハードドライブにアクティビティを書き込まないため、既存のコンピュータのフォレンジック分析がうまく働きません。

2019年、盛衰の傾向を見せたファイルレスマルウェアですが、SonicWall独自のデータでは、このスマートな手口が中期に大幅に急増することを示しています。

着実に高まる暗号化された脅威

来年も増加の兆しを示しているのが、暗号化された脅威です。より多くの組織がプロアクティブに、責任をもってTLS/SSLトラフィックを検査する体制ができるまで、この攻撃ベクトルは拡大の一途を辿ると考えられます。

IoTマルウェア件数の増加

玄関先カメラのハッキングやベビーモニタの不正侵入など、2019年にはIoTデバイスのセキュリティとプライバシーに深刻な脅威が及びました。今後も、IoTベースの攻撃が増える兆しがトレンドデータから示されています。

クリプトジャックの崩壊

2019年上旬、ビットコインや補完的な暗号通貨の価格により、正当なCoinhiveのマイニングサービスを悪用した、Coinhiveベースのクリプトジャックマルウェアが横行しました。Coinhiveのマイニングサービスが終了したことで、2019年、最も話題を呼んだこのマルウェアは消滅しました。

This post is also available in: 英語 ポルトガル語(ブラジル) フランス語 ドイツ語 韓国語 スペイン語

Geoff Blaine on Twitter
Geoff Blaine
Vice President of Marketing | SonicWall
A 14-year veteran of the security space, Geoff serves as SonicWall’s Vice President of Marketing. He brings a blend of real-world journalism experience, cybersecurity perspective and mainstream tech interest.
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply