Entries by Agasthiamani Sankaran

世界的な健康危機に際し、事業を守る方法

政府や医療機関が新型コロナウイルス(COVID-19)拡散の封じ込めや阻止に向けた対策を講じている一方、企業は従業員の安全性を確保しながら業務を遂行しています。災害や不測の事態に直面した場合には、以下のベストプラクティスをご検討ください。 安全にリモートワークの拡大を 組織ならびに企業はリモートワークを許可することで、従業員の安全衛生を確保しています。これにより、ポリシー作成の必要性が高まるとともに、リモートワークの可能性を広げることができるはずです。。 しかしながら、このような予防措置によって、モバイルワーカーや在宅勤務が予想外に増加し、多くの組織ではユーザー増加に対応するだけの仮想プライベートネットワーク(VPN)ライセンスが不足しているのが現状です。これは、従業員がビジネスリソースにアクセスできなかったり、さらに悪い事態では、セキュリティ保護されていない接続を使用してアクセスしたりする深刻なリスクを招きます。 そのため、セキュリティを重視する組織では、ユーザーの流入(および個別のライセンス要件)に対応できる拡張可能で安全なモバイルまたはリモートアクセスソリューション(VPNなど)を導入する必要があります。  事業継続計画の確認 悪意のあるサイバー攻撃、悪天候、停電、パンデミックなど、災害はあらゆる形で襲ってきます。そのため、こういった不確実性に直面しても、事業が確実に継続できるよう、前もってこういった状況に対する準備をしておく必要があります。 組織ならびに中小企業・大企業では、毎年、事業継続計画を見直すことが推奨されます。通信チャネル、リーダーシップ、インフラストラクチャ、テクノロジーなど、あらゆる事項について考慮する必要があります。SonicWallの「事業継続性を確保するための5つの提案」を参照してください。 恐怖心を悪用するサイバー攻撃からの防御 サイバー犯罪者は、トレンドや恐怖心、人間の行動を巧みに悪用します。コロナウイルスの感染拡大は、恐怖心を悪用するフィッシングキャンペーン、モバイルマルウェア、ソーシャルエンジニアリング攻撃などを仕掛けるには絶好の機会です。 世界保健機構から送信されたように見せかけたフィッシングメールなど、コロナウイルスに対する恐怖心を利用したさまざまなフィッシングが展開されています。積極的なフィッシング攻撃を軽減するために、強力で安全な電子メールセキュリティを導入する必要があります。 従業員やスタッフ、提携企業、請負業者がフィッシングリンクをクリックした場合に発生する、ネットワークへの不正アクセスや認証情報の盗難といったマルウェアによる被害を軽減するために、クラウド・アプリケーション・セキュリティ、Office 365セキュリティ、高度なエンドポイント保護ソリューションが不可欠です。 多数のエンドポイントの保護 安全なネットワーク境界の外側でローミングを行うリモートワーカーが増えており、これが新たな常識(ニューノーマル)となっています。これは新しいエクスペリエンスであり、ネットワークセキュリティ制御により保護されている場合と同じように動作することもあります。 エンドポイントに影響を与える攻撃の流入に備える必要があります。リモートで作業する、または隔離を強制され退屈している1人の従業員がフィッシングリンクをクリックしてしまった場合、ランサムウェアを介してデータがロックされたり、認証情報が盗まれたり、企業ネットワークにアクセスされるといった可能性があります。 リモートワークの堅実なセキュリティ戦略には、攻撃を実行前後や実行中に軽減するプロアクティブなエンドポイント保護(または次世代のウイルス対策)が含まれています。より高度なアプローチには、感染したWindows PCを元のクリーンな状態に戻す自動ロールバックが実装されています。 リモートワーク向け在宅勤務VPNソリューション SonicWallは、急速に増加している在宅勤務従業員向けVPN技術をコストパフォーマンスの良い方法で実装していただけるよう、リモートアクセス製品およびサービスを大幅な割引価格で提供いたします。また、大企業、中小企業の新規のお客様向けに、主要なセキュリティソリューションのセット販売も行っています。 この優待では、大企業・中小企業向けのSecure Mobile Access(SMA)バーチャルアプライアンスを無料にて、Cloud App SecurityおよびCapture Clientエンドポイント保護を特別割引価格(SMAと組み合わせた場合)にてご提供しています。 これらは、ネットワーク外の従業員を保護するために必要な機能が満載のパッケージです。 無料:SonicWall Secure Mobile Access(SMA)バーチャルアプライアンス 特別割引:Capture Clientエンドポイント保護 特別割引:Cloud […]

リモートワーカーが予想容量を超えるに従い、コロナウイルスによる企業への影響が増大

新型コロナウイルスの流行は、世界中で大きな健康上の懸念となっています。この新型ウイルスの感染拡大を防ぐため、組織ならびに企業はリモートワークを許可することで従業員の安全衛生を確保しています。この慣行は、ウイルスが容易に拡散する可能性のある(レストランやオフィス、公共交通機関などで)大集団や群衆に個人が接触することを制限するのに役立ちます。 このようなことから、健康に配慮する多くの地域では今、「在宅」がキーワードとなっています。BBCによれば、蘇州市の企業は少なくとも2月8日まで引き続き閉鎖されるとのことです。2018年時点で、蘇州の人口は1070万人を超えていました。 1月30日、世界保健機構は、この感染拡大が世界的な公衆衛生上の緊急事態であると宣言しました。これに対応し、米国国務省は中国に対しレベル4の渡航勧告(渡航禁止)を発表しました。同省はまた、武漢地方の米国民とその家族に対し、不要不急の滞在者は同地方を離れるよう命令しました。 このような予防措置によって、モバイルワーカーが予想外に増加し、多くの組織ではユーザー増加に対応するだけの仮想プライベートネットワーク(VPN)ライセンスが不足しているのが現状です。これは、従業員がビジネスリソースにアクセスできなかったり、さらに悪い事態では、セキュリティ保護されていない接続を使用してアクセスしたりする深刻なリスクを招きます。 影響を受ける地域の組織や企業は、事業継続計画を見直す必要があります。コロナウイルスの感染拡大による労働力への影響を管理している雇用主や組織に対し、「National Law Review」誌が有用な記事を発表しています。また、SonicWallの「5 Core Practices to Ensure Business Continuity」にも役立つ情報が記載されています。 コロナウイルスとは コロナウイルス(2019-nCoV)は、中国・武漢で最初に特定された呼吸器疾患で、その後、米国、カナダ、オーストラリア、ドイツ、フランス、タイ、日本、香港、その他9カ国で感染が報告されています。ウイルスの拡散を防ぐため、中国当局は武漢周辺地域における旅客機および旅客鉄道の営業を停止しました。 アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は次のように発表しています。「中国での感染発生早期の患者は海産物および動物を扱う大規模な市場と何らかの関連があると報告されており、動物から人への感染が示唆される。しかし、その後の感染拡大による患者は動物を扱う市場に行っていないことが報告されており、人から人への感染が発生していることが示されている。現時点では、このウイルスがどの程度容易に、または持続的に人から人に感染するかは不明である」。 最新情報の概要は、CDCの「2019 Novel Coronavirus, Wuhan, China」から入手できます。 リモートワーク向け在宅勤務VPNソリューション SonicWallは、急速に増加している在宅勤務従業員向けVPN技術をコストパフォーマンスの良い方法で実装していただけるよう、リモートアクセス製品およびサービスを大幅な割引価格で提供いたします。また、大企業、中小企業の新規のお客様向けに、主要なセキュリティソリューションのセット販売も行っています。 この優待では、大企業・中小企業向けのSecure Mobile Access(SMA)バーチャルアプライアンスを無料にて、Cloud App SecurityおよびCapture Clientエンドポイント保護を特別割引価格(SMAと組み合わせた場合)にてご提供しています。 これらは、ネットワーク外の従業員を保護するために必要な機能が満載のパッケージです。 無料:SonicWall Secure Mobile Access(SMA)バーチャルアプライアンス 特別割引:Capture […]